青汁と育毛効果


健康を考える人がよく飲んでいる青汁ですが、育毛効果があるということもあるといえるでしょう。さまざまな原因の中で栄養不足が薄毛の原因だったとしたら、青汁を健康的に摂取することでなんとビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養を摂取することができ、育毛の可能性も無きにしもあらずです。青汁自体には、育毛に必要な栄養素が、含まれている商品もあり、利用する人々がじわじわと増えてきています。ノコギリヤシが養毛の効果を持っている理由は、抜け毛の要因になっている5αリダクターゼという物質が働かないようにして髪の毛が抜けてしまうことを防止できるためなのです。5αリダクターゼはジヒドロテストステロンという名前の物質と組み合わされると、脂の分泌が過剰になります。

 

この脂分が毛穴につまりを生じさせることなどで髪の毛が抜け落ちたり、髪の毛が生育しづらくなったりしてしまいます。なお、ノコギリヤシは、未加工の状態で摂取するのではなくて、絞り出したエキスが使われます。ドラッグストアの女性用の美肌サプリコーナーで見かけることが多いコラーゲンですが、一時は内服に効果がないと言われたりしたものの、近年は繊維芽細胞を刺激して再生を促進させることが判明したせいで、美容以外を目的としたさまざまな製品が売られるようになり、育毛効果があるそうなんです。地肌の状態を整えるコラーゲンを一定量、継続的に摂取していくと、抜け毛の量が減り、髪の成長が促進され、白髪や毛髪のツヤも改善されるようです。コラーゲンはゼリーで摂れると思っている人もいますが、市販のゼリーのほとんどは海藻由来の凝固成分を使っており、ゼラチン(コラーゲン)を使用していません。効果を得るのに必要な量を普段の食事からとることは難しいので、タブレットやグミ状のサプリも出ていますし、ドリンクやデザート状(ゼリー)の製品もありますので、それらを利用すると手軽で確実でしょう。

 


帽子も使いようによっては、立派な育毛グッズです。かぶると髪と頭皮が有害な紫外線の照射から守られます。春から夏の間、紫外線の強い時期に、紫外線対策を全く行わないでいると、秋にやってくる抜け毛の季節、暑さの落ち着いた頃になって、ダメージの蓄積により、大量の抜け毛の発生が予測できます。冬の間、紫外線は気にならなくなりますが、頭皮が外気にさらされると、冷えて血管が細くなり、血行が大変悪くなりますから、やはり冬でも、帽子をかぶった方が良さそうです。しかし、蒸れには気を付けないといけません。なので、通気性の良いものを選び、室内では、脱いだ方が良いでしょう。頭皮の健康や抜け毛について考えるようになったら、健康的な育毛サイクルを整えるために、頭皮や体の血行促進を取り入れましょう。

 

簡単すぎると言われるかもしれませんが、これはどんな抜け毛の方にもお薦めできることなんです。動脈硬化や運動不足などによって血液の流れが妨げられると、正しい発毛サイクルのために必要な栄養素が地肌や毛根に届きにくい状態になってしまいますし、本来なら血管を通して排出されるべき老廃物が残ってしまいます。古い脂質はシャンプーでも取り除けますが、これが逆に刺激となって脱毛につながるパターンもあるのです。頭皮の血行を維持するというのは、とても大切なことです。指先で頭皮を軽く押すマッサージで血行をよくすると、心地よさと共に髪の健康にも役立ちます。